スマホで稼げる?怪しい副業に乗ってはダメ!

はじめに

スマホを見ていると日々さまざまな広告が出てきます。SNSなどでも月1万円くらいから7桁、8桁などお金が手に入るようなメッセージを目にします。いいねなどクリックするとDMが来ることもありますね。

知らない人が誘って来る「スマホだけで稼げる副業」という話に乗るべきか、乗らないべきか。結論から言うと、自分が先にお金を払う話なら乗らない方がいい。

特に「この先値上がりします」「限定〇〇名」というような場合は、会費や商材のお金を払って、目的の稼ぎ方が身につかないことが少なくないからです。

三大副業のジャンルはアンケート・ポイ活、投資、アルバイト

副業にもいろいろな種類があります。副業に関する実態調査副業に関する調査2022からは次の実態が浮かび上がりました。

始めやすさならポイ活やアンケート、専門知識が活かせるライティング、資産を増やすなら投資、出会いもお金も得たいならアルバイトという方向性があります。

あなたは、自分の経験をどのように活かすのでしょうか?

☆高額アンケートは新築マンション・住宅購入者!回答者全員に5000円分の商品券♪


☆簡単アンケートは20年以上の実績で安心のマクロミルに登録

スマホでポチポチするだけの副業で大金が手に入る?

副業スマホ
スマホの副業には怪しいものがある

いつも手にしているスマホだから、通勤時間や家事の合間に少しスマホをポチるだけでお金になると言われたら誰だって興味がわきます。内容だけでも確認しようと思って、広告をクリックしたり、LINE登録した人はいるのではないでしょうか。

LINEに登録して案内はうけたものの、一体、どうやってお金が儲かるの? 稼ぐの?と内容が全くわからないというケースがあります。登録させる目的は、ずばり営利目的です。つまり主催者が自分が儲けるために人を誘っているのです。

最終的には「これさえ知っていれば儲かる」「スマホビジネスの裏技」などと仰々しい情報商材の販売やあまり意味のないコミュニティに参加させられ数百円の会費を払わされます。

コミュニティにしても最初は300円、500円の会費レベルかもしれませんが「とっておき」「限定、今だけ」などの誘い文句で次々と金額が引き上げられ、スマホで儲けるつもりが、他人を儲けさせるだけになってしまう可能性があります。

仮にノウハウを伝授してもらったとしても到底できそうにないことであったり、高額の商材を買うことが条件だったりします。透明性がなく、曖昧であるものは怪しいと見て間違いありません。もちろん、なかにはしっかりしたコミュティも存在します。

ただ、主催者が所在地や連絡先を公開していないのはビジネスとしては信用できません。

フォロワーやいいねが増えれば副業ビジネスになるの?

ツイッターやブログ、インスタなど、SNSがビジネスになると言われています。確かにインフルエンサーレベルになれば、アフィリエイトや広告などで収入を得ることができます。

そのせいか、最近はフォロワーの増やし方、いいねの獲得の仕方といった誘い文句のDMなどがたくさんきます。

実際に筆者も試しにLINE登録をしたことがあったのですが、結局コニュニティに入って課金しなければならなかったので放置しています。

お金を手に入れるためには勉強は必要ですが、本を読んだだけ、動画を見ただけで副業がうまくいったり、大金が稼げたりできません。稼ぐようになるには、インプットではなく、アウトプットが大事だからです。

友人がいない人の特徴や原因とは?

スマホの副業は儲かるといわれて騙されたと思ったら

お金を払う前ならブロックして、それでお終いにしましょう。もしお金を払ってしまったなら、金額にもよりますが、取り返すのはかなり厳しいかもしれません。

明らかな詐欺とわかるような言葉があれば、訴えることはできますがそうでない場合が多いからです。

大金であれば、弁護士に相談した上で被害届を警察に出します。詐欺にあったと感じて警察に相談に行ってもすぐに対応してくれるとは限らないからです。

被害届は出せるかもしれませんが、警察が捜査したり、犯人を特定して起訴するとは限りません。注意したいのは、知らず知らずに自分が詐欺グループの仲間になっていること。

最近はスマホで気軽にコミュニティに入れます。「あなたが会員を増やせば、お金が手に入る、フォロワーも増える」など煽てられて、嘘を拡散して勧誘してしまうこともありえるからです。

ネットの拡散力は時に凄まじいものがあります。悪気がなくても加害者になってしまうことがあるのです。ネズミ講は法律で禁じれていますが、ネットを使って知らず知らず法を犯してしまうことも十分考えられます。

そうなると稼ぐどころか、刑罰をうけることにもなりかねません。怪しい誘いやコミュニティへの参加は十分に注意してください。

何かおかしいと感じたら消費生活センターに相談しましょう。消費者センターがわからないときは局番なしの188へ電話すると、近くの消費生活センターの窓口を案内してもらえます。

お金を取られた実際のケース

詐欺まがいのコミュニティ
儲け話には裏がある

障がいがある女性の携帯電話に、知らない人から「1850万円を譲る相手にあなたが選ばれました。手続きをするためお金を振り込んでください」というメールが届き、女性はその内容を信じ込み2千円振り込んだ。その後、追加で1万円を要求されたが手元になく「1万円を振り込まないとお金がもらえない」とお金の管理を手伝っている支援者の自分に相談してきた。(当事者:50歳代 女性)
出所:国民生活センター

https://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen373.html

SNSで「稼ぎ方を教えます」とDM(ダイレクトメッセージ)が届き、無料通話アプリで相手に連絡した。そこで「ブログでアフィリエイト収入が得られる」「ビジネススキルを情報商材で提供するのでオンラインサロンで勉強できる」等と勧められ、約30万円でオンラインサロンへ入会することにした。契約書はウェブ会議のやり取りで作成して交付された。実際にブログを始めたが、「オンラインサロンの人が○万円稼げました」などと偽りの発信を指示されるようになり、また、内容も稼げるものではないことがわかった。解約して返金してほしい。
出所:国民生活センター

https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20210701_1.html

友人から、ネットビジネスで稼げる話があると誘われ、カフェに行った。そこで会った男性から「仕入れたものをネットオークションやフリマサイトで転売すればもうかる。まずは、50万円払ってノウハウを学ぶ必要がある」と言われた。「お金がない」と言うと消費者金融に連れていかれ、指示されるままに借金をし、その場で男性に渡した。その後、数回男性からノウハウを聞いたが、役立つ内容ではなかった。解約して全額返してほしいが、連絡が取れなくなった。(当事者:大学生 女性)
出所:国民生活センター

https://www.kokusen.go.jp/mimamori/kmj_mailmag/kmj-support169.html

消費センターでは以下のような相談が寄せられています。

  • オンラインサロンを人に紹介すると報酬がもらえると言われた
  • オンラインサロン経営のセミナーで、さらに高額なセミナーの勧誘を受けた
  • オンラインサロン経営の副業を契約したが、書面を交付されなかった
  • オンラインサロンを解約したいが、住所や電話番号等がわからない

実際に、全国の消費生活センターなどには「スマホで簡単にもうかる」「不労所得で豊かに生活ができる」とお金もうけのノウハウを伝えるなどと勧誘され、情報商材やノウハウを教わるサポートの契約をしてトラブルになったという相談が寄せられているのです。

もちろん、健全なオンラインサロンも数多く存在しています。でも、多くの相談が寄せられているところを考えると十分注意する必要があります。

オンラインサロン系は特に注意が必要

怪しいオンラインサロンは避けるべき
カード決済などは注意が必要だ

最近では、「オンラインサロン」を、ノウハウを伝えるツールまたはサロン自体をもうける手段として利用している手口がみられます。SNSで「ゼロ0→1」や「副業で自由な生活」をうたい、儲け話をもちかけてくる人には十分注意しましょう。

子育てママ、20代女子、学生など、いかにも普通の人を装っているケースもあるので、どんなプロフィールであれネットで公開していることは真実とは限りません。

オンラインサロンを利用する際には、契約前に、無料の試用期間の有無、入会費や月会費等費用の詳細、中途解約が可能かなどの解約条件、連絡先などのオンラインサロンの運営事業者情報などを必ず確認しましょう。

特に運営事業者の連絡先がSNSのアカウントだけの場合、アカウントが削除されたり、ブロックされると、一切連絡が取れなくなる恐れもあります。

本名や住所、電話番号が記していない場合は、気軽に入会するのはやめましょう。また、住所、電話番号、氏名を書いている場合でも、サロン運営者ではなく、サイトやプラットフォームを運営している人の場合があるので、その点にも十分注意しましょう。

スマホのキャプチャーを撮影して証拠を残す

もし、しつこくメールを送ってきたり、メッセージを送って来るような相手なら、削除やブロック前に画面をキャプチャーして証拠を残しておきましょう。

一見、脅しや脅迫に思えなくても、専門家がみたら立派な証拠になることがあるからです。

もっとも事前に評判などを調べることもしておきたいことです。ただし、そうした怪しい人たちはそれを見越して、いい評判をネットに上げていることがあるので、単純に調べるだけでなく、発信者まできちんと調べるようにしましょう。

スマホだけで稼ぐ方法はないの?

実業家の堀江さんは、スマホだけで仕事をしているということを著書などで記しています。人とコミュニケーションしたり、作業したり、情報を集めたりするのはスマホ1台でできると考えられています。

そういう意味ではスマホだけで稼ぐことは可能です。株やFX、仮想通貨の取引もスマホでできますね。ライター業も最近は音声入力ができるので文字入力の仕事も可能です。

クラウドサービスのクラウドワークス クラウドソーシング「ランサーズ」 に登録して通知機能をオンにしていれば、登録内容に応じて連絡を受けることができます。これらの仕事は最初に相手にお金を払ったり、物を買ったりする必要はありません。

スマホで稼ぐ方法には、ポイ活もあります。簡単なアンケートに答えるような仕事です。スマホは生活&ビジネスツールになっているので、スマホ自体の使い方を駆使して稼ぐことは可能になっています。

それが、スマホで稼ぐ王道です。ラクして稼ぐというのはあまりありません。そこには何らかのスキルが必ず必要になります。

これから狙い目のスマホだけで稼ぐ方法とは

商品を紹介して、それが売れたら手数料が手に入れられるアフィリエイト。これは昔からブログを使う方法としてありますが、最近はSNSでも使えるサービスが登場しています。

占いやカウンセリングなども最近ではスマホでできます。テレビCMでおなじみのココナラを見ると実にたくさんの方が出品しています。

投資関係に関しては、知識とスキルが必要なので、まずは勉強をはじめるところから。FXならデモトレードからはじめるのが無難です。デモトレードはスマホ一つでできます。投資情報が豊富なJFX株式会社やCMでお馴染みのDMMなどでデモ口座の開設がスタートになります。

終わりに

今やスマホがあらゆる情報の入り口であり、ツールになっています。そう考えるとスマホで稼ぐのはごく自然なことかもしれません。それだけに落とし穴が多くあるので、十分な注意が必要といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました