PR

副業時代の世渡りで大切なこと

副業時代

副業時代とは、インターネットの普及によって、伝統的な価値観の崩壊や新たな雇用環境が広がったことを背景とします。Web3.0が本格化すれば、会社そのものが意味を失い、全く新しい時代になるとも考えられています。

もちろん、インターネットで容易に仕事を得られるようになったことも影響しています(インターネットを使って自分のビジネスを開始するのも副業時代のきっかけとなっています)。本記事は、副業時代を受け入れて、社会の中で上手に生きてゆく術のヒントの提供を目的に執筆しました。

スポンサーリンク

副業時代の特徴

副業時代とは本業の仕事で得られる収入とは別に複数の収入を持つのが当たり前になる時代のことです。自分のスキルや知識を活かしたり、自分でサービスを提供したりしていくつも収入源を持つ人が多数を占める時代ともいえるでしょう。将来的には、AIを活用した仕事を行うことも可能になるでしょう。

・職業の多様化:個人の能力や関心を生かして、細かい仕事を提供することで収入を得ることが可能になっています。

・柔軟な時間対応:副業は、働く時間を自分で設定して就業できるため、他の仕事と両立しながら収入を得ることができます。

・オンライン:インターネットを使って仕事を行うことができるため、自宅や休日など、いつでもどこでも働くことが可能です。

・低コストで開業:副業を行うために必要な設備や技術は、低コストで入手することが可能なため、収入を得るためのハードルが低くなっています。

副業はキャリアアップになる

副業はキャリアアップになる

ビジネスパーソンのスキルアップや収入増のために、副業を行うことは有効な手段と考えられています。副業を通じて、企業やプロジェクトに関わる経験を積むことで、技術や経験を蓄積し、自分のキャリアをアップグレードできるからです。身につけたスキルを生かして、本業の仕事の範囲を広げて、さらなる経験を積むことが可能になります。

副業解禁は国の施策で大企業も進める

政府も雇用の流動化を進める、そのひとつの施策として副業に関する法整備を進めています。「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を2018年1月に策定しました。

「副業・兼業の促進に関するガイドライン」は、2020年9月の改定を経た後に、2022年7月に再度の改定が行われています。

大企業の中には、副業を含む社外経験を課長昇格の条件として描く構想があります。これは、社外経験を積んでいる人材の集約を狙うことで、大企業の課長を人材育成することを狙っています。

また、社外の経験を活かして新たな知見を生み出し、新しいビジネスチャンスを探ることが可能となるため、大企業では、社外経験を課長昇格の条件として描く構想があります。

一方で、副業の解禁に対して慎重な企業もあります。企業が副業を解禁する際は、副業が社員による自己責任で行われることを確実にできるような仕組みを作り、副業による労働時間や給与などの規定を明確にする必要があります。

また、副業を許可したからといって、企業の労働環境が低下するなどの影響を受けないようにするためにも、事前に十分な調査と検討が必要です。

副業時代とはどのような社会なのか

副業時代の社会

副業時代の背景は、世界的な情報革命の恩恵を受けながら、新しい職業が生まれ、産業が変革された結果として生じたこといえます。

新しい産業は、ハイテク産業とサービス産業の2つに大別されます。ハイテク産業とは、インターネット、コンピューター、ソフトウェアなどで構成される情報技術産業で、サービス産業とは、ブライダルサービス、食品サービス、製品開発などを行うサービス業です。

これらの新しい産業では、従業員が安定した雇用を得るよりも、自由な時間を持ち、自分の生活スタイルに合わせて仕事をすることを優先するため、副業という選択肢がひろがっているのです。

テレワークなど、働き方の面でも、遠隔地へ移動する必要がないため、副業を行う上で非常に都合の良い環境が整ってきたといえるでしょう。

副業時代の本質とは

副業時代の本質とは、本業とは異なる活動を行い、新たな収入源を開拓することです。また、本業を定めず、変化自在に仕事を選択することでもあります。

このような活動を行う場合、個人の仕事時間を有効活用し、自分のスキルや能力を活かした活動を行うことが大切とされます。

副業時代は責任時代でもある

副業時代においては、自己責任や自信を身につけることが重要なポイントになります。

副業時代は、仕事として副業をする人たちに大きな責任があります。副業を行う人は、企業や客観的な立場から見ても、自身の技術や能力を最大限に発揮し、仕事に対して真摯に取り組む必要があります。また、副業の場合、確実なプロジェクトの成果を出さなければなりません。そのため、副業に対して大きな責任を持つ必要があります。仕事を行う際には、仕事の見積もりやスケジュールの管理、ヒアリングなども行い、仕事のレベルを確実に維持するためにも、責任を持つ必要があります。

副業時代を生き抜く知恵とは?

副業時代を生き抜く知恵は、柔軟な心構えを持ち、多様な仕事を探し、柔軟な仕事スケジュールを設定し、仕事のバランスを保つことです。

独自の職業能力を発揮しつつ、自分の生活を安定させるための貯蓄や経済的なプランニングをすることも重要です。さらに、副業時代を生き抜くためには、オンラインの仕事を活用したり、自分のスキルを磨いたり、他の職業から学んだりすることも重要です。

副業時代は自己責任が強くなる傾向に

副業時代における自己責任とは、個人が自分の職務を果たすために必要な行動を自ら決定し行動する責任を持つことを意味します。

個人は、自分の行動に関する責任を負うことで、他人に失敗を負わせ、他人に対する不当な行動を行うことを防ぐことができます。また、自分の仕事を適切に行うことで、職場での評価も高まる可能性があります。

副業時代における自信とは

副業時代は自信の時代ともいえます。自信を持つためには、自分の専門性やスキルを発揮する機会を増やすことが重要です。

副業を行う上で重要なのは、自分が可能なことと不可能なことを正しく判断することです。自分が取り組むべきタスクやプロジェクトを正しく選択し、それらを効果的に行うので、自信を持って行動することが重要です。

副業時代だからこそ、安易な選択はNG

副業時代だからこそ、安易な選択はNG

副業時代においては、安易な副業を選択することはお勧めできません。副業をするには、本業との相性を考慮した上で、自分のスキルや時間帯、収入などを検討する必要があります。また、副業をする際は、十分な休憩を取りながら、正社員としての仕事を優先するようにしてください。

安易な副業選びは人生のマイナスにもなる

副業を安易に選ぶのは、本業との相乗効果を得られず、結果として時間や労力を無駄にしてしまう可能性があります。

副業を選ぶ際は専門性を考え、自分の強みを活かして質の高い副業を選びましょう。専門知識に基づいて業界での仕事を探したり、専門分野毎に仕事を探したりするのも良いでしょう。

長期的な目標を持つことも重要です。時間を有効に使い、質の高い仕事を選んで副業を行うことで、自分のスキルを身につけると共に、より高い収入を得ることができます。

副業時代の新しい価値

副業時代の新しい価値としては、自由、多様性、創造性、働き方の柔軟性などが挙げられます。これらの価値は、働き方や仕事のスタイルを変えることで得られます。

また、働く場所を自由に選び、自分のライフスタイルに合わせて働くことも可能になります。

新しい価値として、仕事と生活のバランスも挙げられます。例えば、自分のペースで仕事を行い、休暇を取ることにより、働き方のバランスを調整できます。

副業時代の新しい価値として、仕事の質の向上も挙げられます。フリーランスの場合、自分のスキルを活かして仕事を行うことができるため、自分にとって最適な仕事を選ぶことができるようになります。

副業時代で資産を築く方法

副業時代で資産を築くためには、定期的な貯金、投資信託や株式などの金融商品の取引、不動産投資などが考えられます。

副業で収入を増やすことができたら定期的な貯金額のアップを考えます。低リスクで資産を積み上げることができます。

投資信託や株式などの金融商品の取引も行うことができますが、リスクの高い投資を行う場合は専門知識が必要です。不動産投資も行うことができますが、リスクが高い投資であるため、こちらも専門知識が必要となるでしょう。

投資先を選択する際には、投資先の支払い能力や信用性などを考慮し、リスクをできる限り抑えます。また、資産を築くためには、資金配分を検討しなければなりません。資金配分とは、投資する資金を不動産、投資信託、株式などの金融商品などに分割すること。

資金配分の際は、投資目的やリスクを考慮して、投資商品のバランスを取るようにしましょう。また、投資のタイミングも重要です。投資の前には、市場動向を熟知した上で、タイミングを決定するようにしましょう。

趣味を副業にするのは要注意

趣味を副業に選択するのは決して悪いことではありませんが、副業を行ううえではいくつかの重要な観点を考慮する必要があります。

最も重要なことは、趣味を維持と副業のバランスです。趣味を追求する時間を削れば、副業を行うことはできますが、副業が趣味の追求よりも優先される可能性があります。

副業をする場合は、自分が副業を行うことができるかどうかを確認したほうがよいでしょう。副業を行う場合、自分の残業時間や仕事の仕方などを考慮しなければなりません。

副業時代に注目すべきニュースソース

副業時代において、注目すべきニュースソースとしては、複数のメディアを参照することが重要です。メディアは、それぞれ見解があり、多様な情報源として活用できるからです。新聞、テレビ、ラジオ、ソーシャルメディアなど、特定の情報源に偏ることなく情報収集に努めます。

また、専門家や専門家のコメントなども参考にするとよいでしょう。

副業を上手くするために覚えておきたいこと

副業を上手くするために覚えておきたいこと

副業時代は、人々が仕事とプライベートの生活を柔軟に組み合わせることが重要であると考えられています。仕事とプライベートをバランスよく過ごすことが重要なのです。

自分の仕事スタイルを決め、自由に副業を行うことができるよう、柔軟性を持つようにしましょう。

また、仕事遂行のスキルを身に付け、副業により仕事の質を高め、自分自身の競争力を上げることも意識しましょう。ポイントは以下の通りです。

  • 収入を最大化するために、複数の仕事を仕込んでおく。
  • 時間管理力を高めること。
  • オンラインでの副業を行うこと。
  • 投資を行うこと。
  • ネットワークを作ること。
  • 自分のスキルを磨くこと。
  • 自分の強みを活かすこと。
  • 他の人の成功を学ぶこと。
  •  副業以外の仕事を行うこと。

副業をする際に注意すべきこと

副業に関する法律や規則を熟知することが重要です。自分の技術やスキルを磨いていく必要もあります。他の仕事と並列して副業をする際は、家族や友人と相談してみるのもいいでしょう。副業をする際は、本業とのバランスを考え、適度な休憩を取ることを忘れないようにしましょう。

  • 法的なリスクを理解するため、自身の地域の法律を把握しておく。
  • 主な仕事の勤務時間と副業の勤務時間の両方をよく確認する。
  • 必要な社会保険への加入を行う。
  • 報酬を定期的に確認し、自分の権利を確実に維持する。
  • 労働者保護法を遵守し、労働時間を適切に管理する。
  • 仕事の質を高めるため、定期的な学習を行う。
  • 法律上の義務を満たすことを確認すること。
  • 慣例や契約書などのルールを守ること。
  • 安全な環境で働くこと。
  • 資金管理に注意すること。
  • 仕事を終えた後に休日を取ること。
  • 自分の体を大切にすること。
  • 経験や専門性がある副業を選ぶこと
  • 全体的な時間を考え副業を選ぶこと
  • 将来の夢や目標を考慮して副業を選ぶこと
  • 副業の賃金や報酬について確認すること
  • 安全な作業環境を確保すること
  • 業務内容と時間について正確に理解すること

世代別に見る副業時代の生き方とは

世代別に見る副業時代の生き方

副業時代の生き方は、世代別に大きく異なります。

若い世代の人々は、より個性的な仕事を求めて副業を行う傾向があります。多くの若者は、自分のスキルを活かして副業を行い、お金を稼ぐことを目指しています。また、副業を通じて自分の能力を開花させ、個性を伸ばすことも重要な目標となっています。

中高年の世代は、安定した収入を得るために副業を行う傾向があります。ただし、安定した収入を得るだけでなく、自分の好きなことをしながら収入を得ることも目標としています。

年配の世代は、自分の知識や経験を活かして副業を行う傾向があります。副業を通じて自分の経験を少しずつ伝授し、若い世代を支援することを目標としています。ここではXYZ世代別に副業時代の生き方を説明します。

X世代(1965年~ 1980年生まれ)の特徴と副業への視点

世代X(1965年~1980年生まれ)の特徴は、青春文化の登場やカウンターカルチャーの登場です。この世代は、技術の進歩や社会価値観の変化により、新しい一人称主義と表現自由の波をうけました。日本のニューウェーブなどの新しい文化運動の登場なども見られました。

また、経済の爆発的な成長と平和と安定の時代を経験したので、大いなる希望と進歩を肌で感じることができた世代ともいえるでしょう。

一方でX世代は、オイルショックと1970年代の経済停滞の影響を幼少期に受けています。

精神的には、社会に抗うという抵抗性が非常に高く、独特な価値観を持っていることも特徴です。

X世代は、自分の仕事を熱心に行うことにより、積極的に仕事を楽しむことを重要視していました。また、コンピューターとインターネット時代の登場による劇的な変化もたいけんしています。

X世代と副業・・・・・

X世代は、副業においては、自己肯定感を高め、自らの目標を達成するために、様々なアプローチを活用することをお勧めします。

まず、自分の能力や経験を認識し、適切な副業を選択すること、副業を行う技術を習得すること、自分の仕事への誇りを持つことなどを行うことです。

次に、副業を行う際には、自分にとって最も重要なことを優先し、それに沿ってタスクを遂行することが重要です。自分の好みに左右されやすい特徴があるためです。

また、自らの仕事を管理し、時間を有効活用することも重要です。これらのアプローチを行うことで、X世代が副業時代をスムーズに生きることができるでしょう。

まずは自分の専門分野を把握し、自身のスキルを磨きましょう。また、自身の専門分野以外にも、新しいスキルを身につけることで、自身の専門性を高めることができます。さらに、最新のテクノロジーを活用して、自身のビジネスを運営するなど、新しいアイデアを検討し、副業時代を乗り切ります。

Y世代(1981~1996生まれ)の特徴と副業への視点

Y世代の特徴は、テクノロジー、イノベーション、個人主義への高い関心です。彼らは多くの場合、インターネット、携帯電話、その他のデジタルテクノロジーとともに育ったため、最もテクノロジーに精通した世代ともいえるでしょう。

彼らは伝統的な価値観や規範に挑戦する、高度な独立性、創造性、開かれた心を持っています。ソーシャルメディアで自分自身を表現することに慣れており、多様性を受け入れ、新しい経験を求めることを好みます。

そのため、独立心が強く、テクノロジーを活用しやすいという特徴があります。若き起業家が多いのもこのためです。

他の世代よりも変化に寛容であり、新しいアイデア、経験、文化を受け入れやすい傾向があります。社会的な意識も高く、サスティナビリティや社会問題も重視します。

Y世代は、自分自身を表現するためにインターネットを使用し、オンライン上で自分の考えを語り合うことをしてきました。ソーシャルネットワーキングサービスやオンラインショッピングサービスなどを牽引したのもこの世代です。

Y世代と副業・・・・・

Y世代(1981~1996生まれ)が副業時代を生き抜くには、多様なスキルを持つことです。副業を始める際には、まずは自分のスキルを活かすことを考えましょう。例えば、プログラミング、デザイン、マーケティングなどを身につけることで仕事を獲得します。

副業は、自分の生活スタイルに合わせることも大切です。例えば、自宅で仕事をする、ネットワークを活用して仕事を見つける、副業のコミュニティに参加して仕事を見つけるなど、様々な方法を試してみると良いでしょう。

Z世代(1996~2015年生まれ)の特徴と副業への視点

Z世代(1996~2015年生まれ)は、テクノロジーへの注目、デジタルデバイスの利用に関する自信、そして個人主義的な視点で特徴付けられます。この世代の人々は、その前の世代よりも社会的意識が高く、グローバルな問題に関する認識が深く、国境を越えた関係を構築しようとする傾向が強いとされます。

また、多様性と包括性を受け入れやすいという特徴もあり、より創造的でエンタープライズなところもあります。

さらにイノベーションや革新にも強い興味を持っています。インターネットやソーシャルメディアによる情報の拡散や、モバイルデバイスの普及などで、一世代前の世代の生活や価値観とは大きく異なっています。

彼らは、新しい技術に関して開放的であり、新しい価値観を持ち、より多様な社会を実現することを求めています。

Z世代と副業

Z世代が副業時代を生き抜くには、自分の強みを活かすことが重要といえそうです。まずは自分の強みを見つけることから始めましょう。自身の価値が認められるような仕事に取り組むことが大切です。

自分の能力を活かして、例えばフリーランスの仕事を副業として考えるのも方法です。また、プログラミングやデザインなどの技術を活用した副業なども時代に合っています。

仮に未経験でもスキルを習得し、自分に合った仕事を見つけるために、様々なチャンスに取り組むべきです。例えば、自身のスキルを広げるためにオンライン学習などを活用するのもよいでしょう。

さらに、多様な価値観を受け入れられる労働環境を受け入れる柔軟性も大切です。副業時代において、自身の能力を最大限に発揮し、多様性を活かした仕事に取り組むことがZ世代が目指すべき方向でしょう。

まとめ

副業時代の到来によって、自己実現を求めて仕事を探す機会が増えたことが挙げられます。仕事の時間と場所に拘束されないフリーランスの仕事を探せる環境が整ったことや、働き方や仕事内容を自分で選べるようになったことなどが挙げられます。また、仕事時間を自分で決めることができるという点も、副業時代の大きな特徴といえるでしょう。今後も仕事の自由度が向上したことで、より個人での仕事を行う機会が増えると考えられます。

タイトルとURLをコピーしました