秘書検定を副業に活かす方法

広告
広告

はじめに

「秘書検定」とは、社会で働くうえで必要とされる常識を身につけられる検定試験です。試験で問われるのは、電話や来客対応のマナー、ビジネス文書の作成方法、敬語の使い方など、仕事に直結する知識や技能。就職活動を控えた学生にも、社会で活躍するビジネスマンのスキルアップにもたいへん有益な資格です。社会的な信用度が高いので、個人事業主を考えている人や、副業を始めたい人にもおすすめといえるでしょう。

副業を始める前に注意点をチェックするなら副業系の読書もおすすめ。amazonには副業本がいっぱい。

キンドル読み放題で30日無料の間に読み尽くしたりメモしたりすれば、お得ですよ。副業で月250稼ぐ國富竜也氏の「副業の思考法」も0円です。

秘書検定を副業に活かせる職種とは

秘書検定を副業に活かせるのは、秘書だけではありません。なぜなら、マナーや丁寧な立ち居振る舞いが身についている人は、どんな業界や職種においても重宝されるからです。以下で紹介するのは、特に秘書検定を活かせる仕事です。

秘書業務

副業の秘書といって、秘書検定が必須というわけではありません。ただ、大企業の重鎮の秘書ともなると、周囲から厳しい目で見られることも少なからずあると予想できます。秘書業務をスムーズにこなすには、秘書検定で常識やビジネスマナーを身につけておくと安心です。

サービス業や病院の受付業務(コンシェルジュ)

昨今は企業などの受付で人がいることはほぼ見かけることはなくなりましたが、受付機器の案内や訪問者に対してサービスを行うコンシェルジュは配置されています。代表的なのは銀行で見かける案内係の人です。病院や高齢者施設などの案内にもそれに相当する人はいますね。

こうしたコンシェルジュ業務には秘書検定を持っている人はうってつけですね。

コールセンターでの電話応対

丁寧な応対は電話サービスに欠くことができません。最初の挨拶から案内まで、淀みなく話すことができ、かつ受け答えするのは、マナーなどの訓練や接遇の知識がある秘書検定の有資格者におすすめです。

秘書検定を活用して副業する方法

秘書検定の資格を活用して副業する方法はいくつかあります。どこかの企業にパート社員として働く、派遣会社で働くなど、さまざまな方法はありますが、最近は在宅ワークでも仕事をする機会があるようです。

パートやアルバイト、派遣社員で働く

副業といえば、独立して働くイメージがありますが、本業とは別の時間帯でアルバイトとして働くことも立派な副業です。

在宅の案件も意外に多い

最近は電話でアポイントをとったり、スケジュール調整をしたり、リモート業務での仕事が増えています。外に出たり、人に直接会ったりするばかりでなく在宅の案件も意外にあるものです。

副業にできる秘書検定の求人情報を紹介

単発バイトアプリ「シェアフル」では、次のような求人が掲載されていました。

医療受付業務:約3300円(時給1100円x3時間)
職種 受付・秘書
職種詳細 企業受付
就業時間 9:00 ~ 12:00
休憩時間 0分

●激短1日~短期・単発・短時間のお仕事多数!時給1200円以上
10:00~14:00、11:00~20:00、13:00~17:00、22:00-翌5:00
などシフトパターン多数

インディードでは、次のような求人が掲載されていました。

●秘書・セクレタリー:1650円
フレックス+在宅勤務有の役員秘書
仕事内容はスケジュール調整議事録作成会食場所の設定など

●大手テレビ局×秘書業務:時給1600円
業界未経験OK 少しでも事務経験お持ちの方。
・慶弔対応・スケジュール管理・調整・電話、来客対応・メール対応・経費精算・その他秘書業務

やっぱり単発や副業の仕事はツライかも・・・

副業もいいけれど、やっぱりきちんと長く勤めたいという方にはマイナビキャリレーションがおすすめです。マイナビキャリレーションは無期雇用派遣サービスという派遣の新しいスタイルです。「社員」()として入社し、同社が厳選した企業で就業する新しい働き方です。雇用期間の制限がないから安定して働くことができ、キャリアアップも目指せます。
※無期雇用派遣スタッフを指します。

今から挑戦!秘書検定を取って副業しよう

社会人に必要なビジネスマナーが身につく「秘書検定」。「秘書」の名称が入ってながら、秘書を目指す人だけに限った資格ではありません。民間資格ながら、ビジネスの世界で広く認知されており、特に以下のような方におすすめです。

  • ・資格を活かして副業を始めたい主婦
  • ・個人事業主への転身を考えている会社員
  • ・復職が近い育児休暇中の女性
  • ・転職を視野に入れて資格取得を考えている社会人
  • ・就職活動を控えた高校生・大学生
  • ・スキルアップやキャリアアップを目指すビジネスマン

副業だけじゃない!秘書検定を取得するメリット

秘書検定は、受験資格が定められておらず、年齢や学歴に関係なく誰でも挑戦できるのが特徴です。試験は、3級・2級・準1級・1級の4種類。難易度に差はあるものの、どれも「人柄育成」を目指しており、ビジネスマナーが身つく資格として、社会で広く認知されています。副業だけに使えるというわけではないんですね。

ここでは、秘書検定を取得するメリットを紹介します。

社会人に必要なスキルが身につく

秘書検定では、社会人に必要な知識やマナーを身につけます。正しい敬語やビジネスシーンにふさわしい身なり、電話や来客応対など、多岐にわたって学ぶため、プライベートで活かせることも少なくありません。

資格の知名度・信頼性が高い

秘書検定は、国家資格でなく民間資格です。ただ、民間資格ながら、名称が広く浸透しているのに加え、文部科学省後援のバックボーンがあるため、資格の知名度・信頼性ともに高いといわれています。

相手に好印象を与えやすい

秘書検定は、社会常識やビジネスマナーを獲得していることをアピールできる資格です。秘書検定を取得しているだけで、相手の印象を左右することも少なくありません。自分自身のイメージを磨くためにも有効な資格といえるでしょう。

就職活動で有利に働く

秘書検定は3級から1級までの4種類。特に2級以上は、ビジネスマナーが身についているという証明にもなるので、就職活動でもかなり有利に働きます。秘書検定の取得を目指す際は、2級以上を目標にすることをおすすめします。

まとめ

秘書検定はいろんな業界で需要が絶えない資格です。マナーや接遇がしっかりしているからこそ、人気があるのですね。

タイトルとURLをコピーしました